スマートフォン版を見る

イングの特長・教育観

イングの教育観

イングでは、小学生・中学生・高校生向けに受験対策、個別指導を実施しています。

日本の子どもたちの現状を踏まえ、イングは私塾として、以下の信念をもって教育にかかわっていきます。

イングは「我慢強い」子どもたちを育てます。「勉強」は「人の話を聴く」「本を読む」ことから始まります。
それには「我慢強さ」(自制心)が必要です。
「目に見えない学力」[意欲・興味・関心・我慢強さ(態度・根気・忍耐力)・気力・好奇心]の中でも
特に我慢強さを軸に、子どもたちを教育していきます。
それが「目に見える学力」につながると、イングは強く信じています。

【目的(ゴール)】

 子どもたちの「生きる力」の礎を築く。子どもたちが勉強を通して「我慢強さ」を身に付ける。

【目標(ゴールに至るための通過点)】

 子どもたちがワンランク上(上がればさらにワンランク上)の学力向上そして志望校合格を果たす。

イングの教育観

PAGE TOP