スマートフォン版を見る

日根野校

校舎長のつぶやき

一覧に戻る

髪を切ってから……

2020.01.28

髪を切ったと、先日のつぶやきに書きました。
たくさんの人と、いろいろな話をしました。


 


小学5年生の女の子は「髪きった!」と叫んでくれました。
ほぼ唯一の自分から声をかけてくれた人です。ありがとう。うれしかったです。


 


「えー!切ってない!」
いや、切ったって。20センチは切ったから。小学生とそんな言い合いをしたり。


 


「切った方がいいよって、友だちはぜったい言うよな!」
「心こもってないパターンある」
「切ったら伸びるのに、時間かかるしな」
女の子たちとは、そんな「女子」の話をしたり。


 


「髪切った人見たら、言うで」
そういっていた中学2年生の彼。うん。先に「切ったで!」と私が先走ったせいですね。相手に興味をもって接することができる好青年です。


 


「ヘアドネーションしたら?」
そんな風に言ってくる博識の小学6年生。そういったことに興味をもつのは、保護者の方の接し方、言葉のかけ方の賜物だと感じます。すごいことです。


 


「『つぶやき』で書いてたんで、切ったんやな思てました」
読んでくれてありがとう。これも、読んでくれてるのでしょうか。


 


 


意外に、読んでくれている人が多そうなイング日根野校のつぶやき。
密かに読み続けている、画面の前の方。今、これを読んでいる方。
一度、直接私に話しかけてみませんか?私は、いつでもウエルカムです。
どんな方が読んでくださっているのか、気になるんです。
まずは、画面の前で「いいね」とささやいておいてください。


 


このつぶやき、今日は小学生、今日は中学生、、今日は高校生と、話題をかけて、いろいろな方に向けて、お手紙を差し上げるような気持ちで書いています。


 


今日のご訪問ありがとうございます。
また、お時間あるときにお立ちよりいただければ幸いです。

<< 小学2年生、景品をもらう理由は……   「貸そうか?」 >>
  • 資料のご請求はこちらから
  • 無料体験
  • 受講申込
PAGE TOP