スマートフォン版を見る

河内長野校

校舎長のつぶやき

一覧に戻る

パスワードと数学

2020.08.01

河内長野市 富田林市 千早赤阪村 大阪狭山市 橋本市にお住いの皆様、総合学習館イング河内長野校でございます。アカデミー(クラス指導)のイング、ベストコーチ(個別指導)のイング河内長野校でございます。いつもご覧下さりありがとうございます。


来週あたりから増えてくる期末懇談会。今年は通知表も出せないという学校もあるようですが、それはそれ、やるべきことはちゃんとやって、来るべき時学期の準備に注力したいものですね。


校舎長の千家です。


皆さんは、「パスワード」をどのように決めておられますか?今やパスワードではなく生体認証なるものも登場しているので、パスワード自体必要ないという時代に突入しようとしています。あるサイトにログインしたところ、パスワードの変更を要求されました。サイト登録をしたのはもう10年も前のこと。10年前と今とではセキュリティーレベルが段違いになっているのです。そこで、パスワードを変更しようと思っていろいろ考えて入力したのですが、セキュリティーレベルが「中」レベル以上になりません。アルファベットと数字を使って12桁のパスワードを作ったのですが、強固レベルにならないのです。そこで、記号をいくつか組み込みました。すると突然強固レベルが「最強」になりました。何が違うんだろう?


ネット上には、パスワード解析アプリが普通に落ちています。また、ご丁寧にその使い方まで紹介してくれるサイトまで存在します。内容としては、「従業員が退職してパスワードがわからない」といったトラブル解決のための最終手段と思われますが、驚きの事実が記述されていました。


アルファベットの小文字だけあるいは大文字だけで、4桁のパスワードを作ったとして、文字の組み合わせは26の4乗(26×26×26×26)=456,976 通りの組み合わせになります。これをPCの解析能力にもよりますが、1秒間に100万通りの解析能力を持つPCで解析した場合、0.5秒もかからぬうちに解析が終了します。では、大文字と小文字を使用して4桁のパスワードを作るとどうなるでしょうか?文字が26の倍の52文字になるので52の4乗で7,311,616通りになります。それでも8秒もあれば全通り組み合わせで判明してしまいます。では、私が作った「最強」パスワードを解析するのはいったいどのくらいかかるのでしょうか。私は小文字・大文字・数字・記号なのでアルファベット52文字+数字10文字+記号16文字=78文字の組み合わせになります。これを12桁並べましたので78の12乗ということになります。78を12回かけます。組み合わせはなんと!50,714,860,157,241,000,000,000通り。見たこともない数字です。これを先出の解析能力のあるPCで解析した場合、184,845,709年かかります。これを日本が誇るスーパーコンピューター「富岳」で計算すると、1秒間に40京(400,000,000,000,000,000)の処理能力を持っています。さあどのくらいにまで縮まるか!約35時間で解析が終わります。すごいですね!やっぱり日本の技術はすごい!世界1位になれて本当に良かった。そしてさらに改良を重ね解析能力のすばらしいコンピューターを創り出してほしいと願うばかりです。


で、一体何の話?と思われましたよね。今日は数学の話です。小学6年生でも扱う「組み合わせ」の問題です。メロンとイチゴとバナナの中から1つ選ぶ方法は何通りありますか?というやつです。イチゴやバナナで興味がわかない子どもに是非パスワードの話をしてあげてください。「あんたのスマホのパスワードくらい1秒もあれば突破するで。」って言われたら耳を貸しますよ。恐らく。


あっ、ちなみに、数字6桁で100万通りですから本当に1秒で判明しますから。仮に8桁でも1億通りなんで、100秒(1分40秒)もあれば判明します。


「イングってどんな塾なの?」興味がわきましたら是非お電話ください。


0120-958-819 南河内地域本部校フリーダイヤル


スタッフ一同是非お待ちしております!

<< 短い夏休みの自由研究の題材としてどうぞ   今から夏期講習受講できますか? >>
  • 資料のご請求はこちらから
  • 無料体験
  • 受講申込
PAGE TOP