スマートフォン版を見る

高石校

校舎長のつぶやき

一覧に戻る

ザ★作文

2020.06.19

「ザ★作文賞、でたで!」


「まじで?!」


「しかも二人も!」


「ええええええ!!!!」


「では、努力賞から発表します!!」


子どもたちからは「私かも!」「僕かも!」という期待が伝わってきます。


すごく大切なドキドキですよね。


先日の国語の授業の一場面です。


 


イングでは思考力・表現力の育成のため、小学4~6年生の国語では「作文指導」を行っています。


作文といっても、「夏休みの思い出」とか「1年間で1番記憶に残っていること」とかそういう作文ではありません。


 


教材はどりむ社さまのものを使います。


月末には課題シートを提出し、プロの添削の先生に見ていただきます。


赤ペンのコメント付きで返ってくるのですが、子どもたちはどんな「お褒めの言葉」が書かれているか毎月楽しみにしています。


 


課題シートと一緒に、月刊「リーグ」という広報誌もついてきます。


ここには全国から集まった課題シートの中から選ばれた「努力賞」「よくできましたで賞」「ザ★作文賞」が掲載されています。


「 ザ★作文賞、目指して頑張ろうな!」と言って始まった3月からたった4か月での快挙でした。


嬉しくて自分のことのように喜びました♪


 


「記述、きらいやねん」「なに書いたらいいかわからん」など、弱音を吐くこともありましたが、


賞がクラスに与えてくれた影響はとっても大きかったです。


この日は1人も1回も弱音を吐くことがなかったのを先生は見逃しませんでしたよ。


みんな一生懸命にペンを動かしていました。


みんなの熱い思いが伝わり、さらにうれしくなりました。


「次は自分が!!!!!」と口に出さなくても。


 


国語が嫌いにならないよう、小学生のうちから一緒に勉強しましょう!


 


イング高石校 上田

<< いよいよ明日   定期テストぞくぞく >>
  • 資料のご請求はこちらから
  • 無料体験
  • 受講申込
PAGE TOP