スマートフォン版を見る

ニュース詳細

一覧に戻る

美原校移転・リニューアルオープン記念インタビュー

2017.10.23
  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
画像1
画像2
画像3

2017年8月にリニューアルオープンした新美原校にお邪魔して、校舎長の山本先生と校担当の桑野先生にお話を聞きました。

広報部:リニューアルオープンおめでとうございます!

山 本:ありがとうございます。

広報部:とてもきれいで居心地の良い教室になりましたね。

山 本:そうですね。1階なので良く目立ちますし、新築なので気持ちがいいですね。

広報部:生徒・保護者のみなさんの反応はいかがですか?

桑 野:「トイレがめっちゃきれいになった!」と、女子は特に喜んでいます。それと自習スペースが確保できたので、高校生の自習が増えました。

山 本:保護者の方には新校舎を内覧して頂く機会として、高校入試ガイダンスを実施してお披露目したのですが、大変好評でした。旧教室が古過ぎたせいもありますが(笑)

広報部:何か目に見える成果は出ていますか?

桑 野:学習環境が整ってやる気がアップしたのか、9月の実力テストで満点が3人も出ました!

広報部:実力テストの満点は素晴らしいですね!

山 本:リニューアルと関係あるかどうかは微妙ですが……(笑)

広報部:建物以外で何か新しいことはあるのでしょうか?
 
桑 野:はい、11月から新しく「わかば学習会」という、小4までの能力開発コースを開講します。

広報部:コースの特長を簡単に教えていただけますか?

山 本:「わかば学習会」では、「じっくり考えイメージする力」「判断のもとになる教養力」を育成します。
小学1年生から小学4年生の時期は、『考える』ことをするほど脳内の情報伝達が速くなり 『頭の回転が速い子』に育ちます。 この大切な時期に『楽しく考える』場をご提供するのが「わかば学習会」の目的です。

広報部:
具体的にはどのような教科内容でしょうか

山 本:国語は多読による刺激を重視した読書指導と、1つのお話について、じっくりと読み進めるスローリーディングを行います。また、進級式の教材を使って、思考の基本となる語彙+読解にも力を入れていきます。

桑 野:算数ではそろばんも取り入れます。手先を使うことで、脳の発達を促し、また文章題指導で楽しく考えながらイメージ力を育てます。そろばんの検定試験もあるんですよ!

山 本:「そろばん検定」だけでなく、「暗算検定」、「文章題検定」、「ことばと読解力進級検定」にもチャレンジできます。

広報部:進級が楽しみで、学習意欲もアップしそうですね!

山 本:スモールステップで小さな成功体験をたくさん重ねることが「楽しく考える」習慣にもつながっていきます。

広報部:なるほど。小学校低学年のお子さまにはイチオシのコースですね!
ところで、話は変わりますが、桑野先生から見て、山本先生はどんな人ですか?


桑 野:生徒からは「社会の神様」と慕われています。
 
広報部:「かみさま」ですか!?

山 本:はい、イングの社会科は私が築いてきたと言っても過言ではありません。私の授業を受けた生徒は必ず社会が好きになり、得意になります!

広報部:ほほ~すごい自信ですね!何か最近のエピソードはありますか?

山 本:去年、噂を聞いて10月から来てくれた中3生は60点代だった社会が一気にアップし、90点代を連発しました。当時は他の塾と掛け持ちだったのですが、高校生になった今でもイングで勉強を続けています。

桑 野:それと、山本先生は英語もわかりやすいので、「英語の仏様」とも呼ばれています(笑)
 
広報部:まさに生徒にとっての「かみさまほとけさま」ですね?(笑)

桑 野:私もそういう先生を目指して日々精進しています。

広報部:師匠の山本先生の目には、桑野先生はどんな風に映っていますか?
 
山 本:何事も徹底させるのが桑野先生の強みですね。とにかく熱心に、一人ひとり丁寧に指導するのが彼のスタイルです。

広報部:神様からお褒めの言葉がでましたね!

桑 野:ありがとうございます。私は常々、基礎基本の徹底こそが大切だと考えて指導を実践しています。成績が伸び悩むお子さんは、勉強が出来ないのではなくて勉強の仕方がわかっていないのだと思います。例えるなら、「泳ぎたいのに泳ぎ方がわかっていない」状態ですね。ですから、まずは「泳ぎ方」から丁寧に指導していきます。

広報部:実際の成果はいかがですか?

桑 野:私は主に数学と理科を担当していますが、定期テストで30点前後だったお子さんでも、指示通りに素直に取り組んでもらえれば70点、80点取れるようになります。

広報部:最後にお二人の抱負をお聞かせください。

山 本:授業は真剣勝負なので、時には厳しく指導する場面もありますが、最後は生徒たちを笑顔で帰らせたいですね。

桑 野:私は「縁」を大切にしています。「イングにきてよかった!」「イングで頑張ったから合格できた!」そう言ってもらえるように、最善の授業を追及していきます。そして、みんなの「将来やりたいこと」への一助になれたら幸せですね。

広報部:ありがとうございました。


<編集後記>
2017年8月17日、イング美原校の新校舎がオープンしました。場所は南海バス「農芸高校前」からすぐ。農芸高校の左隣で、もと「スーパー丸栄」さんがあったところです。以前はスーパーの2階でしたが、イング専用の新築のオシャレな平屋造に生まれ変わりました。

イング美原校は、地元ではすっかりお馴染みの明るく家庭的な雰囲気の教室です。旧校舎から仮校舎、仮校舎から新校舎へと2度の引越をしましたが、その都度在校生や卒業生が手伝いに来てくれたそうです。

因みに、山本校舎長が授業で愛用している「社会の神様」専用バットは生徒からのプレゼントとのこと。生徒がウトウトしたり集中力が途切れたりすると、先端から波動砲が発射されるそうです(笑)

ご近所にお住いのみなさま、ぜひお気軽にごお立ち寄りください。体験授業や学習相談も大歓迎です。

<< 中2・中3対象「文理学科対策ゼミ」【後期生】募集   冬期講習会の受付を開始しました。 >>
PAGE TOP