スマートフォン版を見る

鳳校

ニュース詳細

一覧に戻る

”そろばん”、”読書・読解”で学力の礎を育む! わかば学習会 鳳校 9月生募集

2017.09.14
画像1

「中学、高校生になっても伸び続ける学力の礎を育みたい」

 この願いから、わかば学習会は設立されました。

 

近年、習い事の一つとして人気が復活している「そろばん」。

一見するとデジタル時代に逆行するアナログの代表格とも思えるそろばんですが、いったいなぜブームが再燃しているのでしょうか?

そろばん教育には、下記の4つのメリットがあると言われています。

 

効果1:イメージ脳である右脳の開発
珠算式の暗算は頭の中でそろばんをイメージして、珠をはじいて計算をします。そのため、そろばんは、イメージに関する機能を司る右脳の活性化に有効であると言われています。

 

効果2:記憶力の強化
珠算式暗算を習得し右脳を鍛えることの副次的効果の一つとして「記憶力の強化」が挙げられます。右脳による記憶法をマスター出来ると参考書のページを写真で撮って記録するかのように脳内にそのイメージを残せるため、短時間で大量の情報を記憶することが出来ます。

 

効果3:集中力の強化
そろばんでは、制限時間内に大量の計算を行う必要があり、おのずと集中力が高まります。特に珠算式暗算においては、そろばんを頭にイメージをして行う必要があり、高い集中力が求められます。


効果4:計算力の強化
言うまでもないことですが、そろばんを習得すると計算スピードも正答率もアップします。
受験においても武器のひとつになるでしょう。

 

わかば学習会はこの春より新規開講しましたが、現在多くの小学生の子供達が楽しく・前向きに頑張って取り組んでいます。

 

『体験授業』『説明会』も随時実施しています。
受講をご希望の場合は、教室にご連絡頂くか、ホームページよりお問い合わせ下さい。

<< 小1~小4のみなさんへ わかば学習会のご案内です。  
  • 資料のご請求はこちらから
  • 無料体験
  • 受講申込
PAGE TOP