スマートフォン版を見る

花園校

合格実績

教室TOPに戻る
  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
画像1
画像2
画像3
受講生の人数ではなく一人ひとりのストーリーがイング花園校の自慢です!

受験学年において3か月以上在籍した生徒のみの合格実績です。
講習会等だけの受講者等は含みません。


<2018年度入試>

高津 文理学科
花園 普通科 / 山本 普通科 / みどり清朋 普通科

 ※複数人合格している高校・学科あり

2018.03.20 今年は受験人数は決して多くありませんでしたが、無事全員志望校に合格することができました!もちろん志望校を超えていった子もいます。


工芸 建築デザイン科

2018.02.28 イング花園校として初の特別選抜入試。本当によく頑張ってくれました!おめでとう。

近大附属 Super文理
上宮 プレップ
阪南大学 総合進学
大阪夕陽丘 総合進学
大阪商業大学 グローバル商大
アナン学園 進路総合
奈良大学附属 標準

 ※複数人合格している高校あり

私立高校受験。2018.02.13。今年は同じ学校学科で受験した生徒も多かったですが受験者全員合格しました!おめでとうございます。私立専願者は全体の3割程度。ほかの人たちはこれからまた大きな公立受験が待っています。


関西大学 人間社会学部
京都産業大学 外国語学部
畿央大学 教育学部
京都女子大学 食物栄養学科
関西医療大学 保険医療学部
大阪工業大学 情報科学部


2018.03.20.それぞれがそれぞれの夢に向かって歩き始めています!合格おめでとう!

<2017年度入試>
高津 文理学科 /高津 普通科
八尾 普通科 / 清水谷 普通科 / 夕陽丘 普通科
布施 普通科 / 花園 普通科 / みどり清朋 普通科
かわち野 普通科 / 枚岡樟風 普通科

 ※複数人合格している高校・学科あり

2017.03.17 公立高校普通科全員分結果出ました。全員が全力を出し切ってきました。本当に一人ひとり全員のストーリーが素晴らしく、これで終わりではなくまだまだ彼ら彼女らのストーリーは進んでいきます。

開明 6年編入/
近大附属 S文理(★Kスカラシップ)・特進文理Ⅰ・特進文理Ⅱ・進学
金光八尾 S特進・特進・総合進学/浪速 Ⅱ類
プール学院 特進・選抜特進 / 大阪夕陽丘学園 英語国際(★特待生)
樟蔭 児童教育
大阪商業大学 文理進学(★特待生)・グローバル商大(★特待生含)
アナン学園 衛生看護 / 東大阪大学敬愛 総合進学・調理製菓
帝塚山 女子特進

 ※複数人合格している高校あり

私立高校受験(※内部進学含む)。2017.02.13。受験者全員合格しました!特待生も各学校において多数出て安心しました。おめでとうございます。私立専願者は全体の2割程度。ほかの人たちはこれからまた大きな公立受験が待っています。

関西学院大学 文学部
近畿大学 国際学部
龍谷大学 国際学部
京都産業大学 外国語学部
関西女子短期大学 歯科衛生
白鳳短期大学 総合人間


2017.03.17.すべての大学受験が終わりました。進学先を決めている彼ら彼女らは将来の夢からの逆算で決めていた学校に進学しています。


<2016年度入試>
天王寺 文理学科 / 高津 文理学科
八尾 普通科 / 布施 普通科
花園 国際教養科 /花園 普通科
みどり清朋 普通科 / 八尾北 総合学科
かわち野 普通科総合選択制


新しい入試制度での初の公立高校入試。新しい入試制度での初の公立高校入試。高い山にみんなで挑みました。合格した皆さん本当におめでとうございます!どこどこ高校○人よりもひとりひとりのエピソードを大切にしていきます。

清風南海 3か年特進
桃山学院 英数 / 桃山学院 文理
近大附属 Super文理 / 近大附属 進学
上宮 英数 / 上宮 プレップ
樟蔭 特進 / 大坂夕陽丘学園 特進Ⅰ類
大阪商業大学 文理進学(★特待生)/大阪商業大学 G商大
関西福祉科学大学 進学 / 興国 アスリートアドバンス
アナン学園 進路総合(★特待生)
奈良育英 高大連携S


大阪府私立入試全員希望高校へ合格。おめでとうございます。私立専願の生徒はここから一気に次の夢へ突き進んでいきます。公立受験の生徒はこれから1か月後に受験です。それまでに懇談会で受験校を決めて出願。あっという間に最後の受験を迎えます。

同志社大 理工学部
関西学院大学 文学部
同志社女子大学 文芸学部
神戸女子大学 家政学部
大手前大学 健康栄養学部
甲南大学 経済学部
摂南大学 経済学部
大阪警察病院看護専門学校


高1からじっくり挑んできての同志社大学指定校推薦合格。またクラブとの両立もはたして自分の希望の進路に向けての公募推薦での専門学校合格。一般試験に入ってからも関西学院大学・同志社女子大学・神戸女子大学・大手前大学・甲南大学・摂南大学とぞくぞくと合格していっています!

近大附属中 アドバンスド
麗澤瑞浪中(岐阜県)

今年も少人数でしたがしっかり合格を勝ち取ってくれました。不調でなかなか結果が出なかった時も体調を崩した時もありましたがどちらも第一志望への合格。おめでとうございます!イング花園校では2016年度入試をもちまして中学受験コースを終了しました!

<2015年度入試>の進学先はこちら
<2014年度入試>の進学先はこちら
<2013年度入試>の進学先はこちら



【エピソード1 高津高校 普通科 ○初志貫徹 中1からの想い実現】
 中1のころからコツコツと努力を怠らないAくん。定期テストやイングの学力テストでは決して悪い点数ではないが、必ずしもいい結果ばかりとは言えなかった。そして中3になって学校見学も行き志望校は高津高校に確定。
 学校の懇談でも「大丈夫です」と言われたわけでもないし、今年度の高津高校の倍率もかなり高い方であった。結果は見事合格。以下は保護者の方から伺ったエピソード。
 今日、試験を終えて帰宅した時の第一声が「やっと終わった~」と凄く晴れ晴れした表情で言っていました。そして「出せる力は出し尽くした」と達成感に満ち溢れてたみたいです。

【エピソード2 夕陽丘高校 普通科 ○中1学年末300点以下からのキセキ】
 中学2年生に上がるころに入塾してきたBさん。勉強はあまり得意ではないが、マイペースながらもコツコツと勉強するのは彼女の良いところ。当初は「花園高校か山本高校に行ければ」。しかし最初の得点を見るとその時点では難しいものでした。中2になってからの第4回定期テストまで一度も下がることなくとうとう定期テストで453点と獲得。一度学年末で下がったがまた中3で453点を獲得した。そのころには志望校は布施高校になっていた。そして中3夏を過ぎるころには夕陽丘高校が彼女の志望校になっていた。そしてテストで結果が出ない時は心が折れそうにもなった。しかしついにイングで培った自信とともに夕陽丘高校が彼女の母校となった!

【エピソード3 桃山学院高校 国際科 ○10月・11月大不振からのキセキ】
 一度は勉学以外に本気になりたいとイングから離れたCくん。中3の夏前から再び勉強を志した。本気になったのは12月かもしれない。11月の時に挙げていた学校とも違う学校を受験した。11月の五ツ木書房の模擬試験でもそこよりわずかにレベルが下がる学校で専願でもE判定だった。学校の懇談でも厳しいと言われた。しかし着実に実力は上げ続けた。1月の実力テストでは11月の実力テストの合計点から100点も上げる快挙だった。「留学をしたい」など彼には明確な目標があった。最近チラシでも出ているイングのみらい科授業、30歳になったら何をしているなどの問いにも彼は明確にその目標を書いた。夢・目標がある方ががんばれる、それを目の当たりにした瞬間だった。

【エピソード4 花園高校 国際教養科 ○偏差値40未満の科目を得意科目に!】
 入試前年中3の春にイング生になったDくん。特に数学はお世辞にも良い点数とは言えなかった。また5月に受けた五ツ木書房の模擬試験でも偏差値は40にも満たない数字もあった。イングでは数学を個別、他の科目をクラスで受講するコムズコースで受講。夏になるころ少しは力も上がってきたがまだまだ。夏を過ぎ五ツ木の模擬試験でも変化は現れ始めた。まだ不安定だったがそれでも偏差値45~50くらいまでは上がってきていた。そこからも成績は一進一退。劇的な伸びには至らない。11月を過ぎるころになりいよいよ彼はやりたいことを見つけた。「海外に行きたい!」オープンキャンパスがきっかけなのか何がきっかけなのかはわからないがいよいよ彼の志望校が見えてきた。ただまだかなり高い山を登る必要があった。そこから本気で苦手と向き合った。良くて平均点を取るのが精いっぱいだった数学。1月の実力テストでは平均点を15点も上回る成績を取った。英語。実力テストも定期テストも最高点。五ツ木の模擬試験においてはもう偏差値が60に届くところまでやってきた(注:5月の偏差値40未満)。定期テストも中3の学年末テストにして3年間の自己最高を超えてみせたのだ。それでもまだまだ学校の懇談では厳しいのではないかと言われた。しかしながら英語担当として私自身は決して歯が立たない入試ではないという手ごたえを感じていた。本番。入試が終わったあと気持ち的に落ちていた。数学で大きなミスをしたために残念な結果に終わると思っていたようだった。結果発表当日。電話ごしにも泣きそうになっている声が聞こえてきた。もちろん嬉し涙で。「志望校を超える」「キセキ」そんな言葉では語りつくせないが彼はやりつくした。

【エピソード5 夕陽丘高校 普通科(当時の前期入試) ○志望校を超え、倍率7.5倍を超え。】
 受験を迎える中3の夏前にイング生になったEさん。当初の志望校は布施高校。もともと布施高校でも十分合格できる力は備えていた。夏期講習会+夏期合宿で自分を磨き続けた。実力テストは360から少しずつ登りつめ、最後には400点を超えた。イングの学力テスト(大阪進研Vもし)でも偏差値を6上げた。圧巻は定期テスト。2学期以降定期テスト3回で満点を4回達成。(副教科2回含む)
 「夕陽丘高校に行きたくなってきた…」気持ちが強くなってきていた。当時の前期普通科の募集は40名。熾烈を極めた。約7.5倍。大阪府の公立高校の入試ではトップクラスの難関だった。幸いにして彼女には明確な将来の夢があり、身近に目指せる先輩がいた。英語がよくできる自分が目指している夕陽丘高校の一つ上の先輩。彼女にいろいろなことを聞き、具体的に自分にそれを重ねた。
 合格発表当日。「合格してたで!」彼女は静かに語った。
  • 資料のご請求はこちらから
  • 無料体験
  • 受講申込
PAGE TOP