スマートフォン版を見る

ニュース詳細

一覧に戻る

日々成長する子どもたち ★ 鴻池教室

2018.12.17
  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
画像1
画像2
画像3

 わかば学習会鴻池教室は、2017年4月に開講。
開講当初より来ていただいている小学3年生の方は、1年8か月通っていただいていることになります。

 

 あっという間だった感じもいたしますが、振り返れば、たくさんのできごとがありました。

 

 いつもニコニコ笑顔で通うAさんは、ある時期、そろばんの級が進まなくなりました。 
練習問題ではできるのに、進級テストになると、不正解になるのです。

 そんな時こそ練習です!
そろばん担当の講師も、もちろん何度もやり方を説明しましたが、Aさん自身があきらめず、取り組み続けた結果、スランプから抜け出して、進級!!
 あの時の嬉しそうな笑顔が忘れられません。

 

  恥ずかしがりやのBくんは、はじめ教室になじむことができず、教室のある3階まで上がってくることができない日もありました。 
講師が1階まで迎えに行き、お母さまに励まされ、3階まで上がってくる日々。
それでも、休むことはなく、1年以上の歳月が過ぎました。

 Bくんは、毎週いつの間にか教室の扉の所にいます。忍者のようです。
扉を開き、「こんにちは」とあいさつします。

 「………。」と、シャイなBくんは大きなお声では挨拶しませんが、お顔は毎週ニコニコ。
目を見つめることができるようになりました。

 

 先週よりもグッと成長することもあれば、ゆっくりとも変化することもあります。
人によって、その時期によって、成長の速度は様々です。

 

 共通しているのは「成長している」ということ。
 子どもたちを見ていると、そういうことを実感します。

 

  「パチ、パチパチ、パチパチパチ、パチ、カリカリ」 そろばんの時間に聞こえる音です。

 

 「はい、今日はここまで。」
 「えー、ムリ、もっと!」
 「あと1ページ!」
 「最後まで読もう!」
  読書の時間に聞こえてくる声です。

 

  イング鴻池校のわかば学習会は、これからも子どもたちの居場所になりながら、勉強する上で本当に大切な学習姿勢を育んでいきます。

<< イメージする力 ★ 新金岡教室   苦手意識からはじまって……今 >>
PAGE TOP